ホーム > 学校案内 > 本校の教育

学校案内

本校の教育

教育方針

  • 生徒の学力向上を目指し、一人ひとりの能力を十分発揮できるよう努める。
  • 基本的生活習慣をしっかりと身につけ、あいさつを大切にし、社会のルールを尊守できる生徒の育成に努める。
  • 生徒の進路希望を把握し、きめ細やかな指導のもと進学・就職いずれにおいても進路が実現できるよう努める。
  • 生徒の課外活動への参加を促し、心身の育成を図る。

学院が目指す「生徒像」

○挨拶がしっかりできる生徒
○感謝と思いやりの心を持って生活できる生徒
○正しい判断力を持って、自主的に行動できる生徒
○進路実現を目指し、意欲的に取り組むことができる生徒

新学校づくりビジョン(2015年度~)

○「鍛える・伸ばす・育む」夢を実現できる学校

山形学院

皆様には、山形学院はどういう高校か、ご理解いただけているでしょうか。

 今年の入学生の保護者へのアンケート「本校についての理解」からいくつかの意見をご紹介します。「新校舎と恵まれた環境の中で聖書を学び、人と社会に対し、やさしい人間であるように学業と部活動の両面から育成、教育して頂ける学校」「特色ある学科のある専門的なことを広く学べる学校」「基礎学力をしっかりつけることができ、進路先について充分に相談できる学校」「一人ひとりの個性や適性に応じた授業が受けられる学校」「高校卒業後の進路に向けて、それぞれの生徒に応じた指導をする学校」「教育方針がしっかりしている学校」「文武両道、スポーツ面、学習面の優れた高校、設備の整った、資格もとれる学校、いじめのない学校」。

山形学院は、学校創立百周年を迎えました。(2008年)
1908年(明治41年)、森谷たま先生が女子教育の学校として始められた本校は私学として、公立学校にはない独自の教育方針を持ち、特色ある人間形成を求めつつ、百年の歩みを山形の地に刻み続けてきました。

山形学院について

山形学院は男女共学、「総合普通科」「情報創造科」「食物調理科」の三つの学科を持っています。

一つの学校の中に普通教育と専門教育を行う高校として中学受験生の多様なニーズに応えることができます。本校は高校3年間で卒業後の進路をしっかり見据えて、基礎学習の充実、専門的な知識を確実に身につける学習に取り組んでいます。また毎日の勉学や部活動を通して、生徒それぞれが持っている有能さ、可能性を十分に引き出し、それを実現していく「自分探しから自己実現」の歩みを支援しています。

山形学院について

本校は「心の教育」に積極的に取り組んでいます。

キリスト教、聖書の教えを「建学の精神」として、心豊かな、思いやりのある生き方ができる人づくりを、教育の中心においています。自分を愛するように他者をも愛する人になること、自他のいのちを大切にする心を育てることを追及しています。毎朝、チャペルでの15分間の礼拝は「心の教育」の大切な場になっています。聖書の言葉に導かれながら、教師や生徒の奨励を相互に聞くことを通して人としてのあり方、生き方を考える機会としています。

山形学院について

『地域に信頼され、愛され、選ばれる学校』を目指します。

創立百周年を機に、私学として更なる特色ある学校づくりを期して、わたしたち教職員は一層の努力をし、『地域に信頼され、愛され、選ばれる学校』になることを目標に取り組んでいます。また『生徒と、ともに行き、学び、成長する』-『生徒一人ひとり大切にする』ことを行動目標として学習、生活の指導に取り組んでいます。
高校進学を考える中学3年生や保護者の皆様のニーズに応え、山形学院で学んでみたいと思っていただけるような学校づくりを追及していきます。

山形学院は「進化」しつづける学校です。いつでもお気軽に学校見学においでください。

理事長・校長 北垣俊一