ホーム > 学校案内 > 本校の歩み

学校案内

本校の歩み

1908年 森谷たま女史が裁縫伝習所として十日町に創設
1926年 現在地に移転
1932年 精華女学校と改称
1942年 森谷女史逝去
1948年 山形精華高等学校と改称
1957年 普通科課程を新設
1966年 本校の目的を次のように改訂する
「この法人は教育基本法及び学校教育法に基づき世界平和と人類の福祉に寄与する目的のもとに基督教精神にのっとり学校教育を行うものとする」
1968年 経理科を新設
1969年 家政科の新設 (普通科、経理科、家政科の3課程になる)
遠藤仲五郎理事長、永年の教育事業への功労により、「藍授褒章」受章
1970年 佐藤利吉理事長就任
校名を山形女子学院高等学校と改称
1972年 調理科の新設
(普通科、経理科、家政科、調理科の4課程になる)
1973年 山形学院高等学校と改称
1974年 家政科を廃止、被服科新設 (普通科、経理科、被服科、調理科の4課程になる)
男女共学制となる
1985年 情報処理科の新設、経理科、被服科の廃止
(普通科、情報処理科、調理科の3課程になる)
キリスト教学校教育同盟に加盟
1997年 本校の目的を次のように改訂する
「この法人は、教育基本法及び学校教育法に従い、福音主義キリスト教の信仰に基づいた教育を行うことにより、神を中心とした人生観をもって、真理を追究し、すべての人と社会に対し愛と奉仕の業を行い、人類の福祉と世界平和に貢献する人間を育成するため、学校教育を行うことを目的とする」
2000年 北垣俊一校長就任
2003年 普通科から総合普通科に改編。さまざまな分野の学習ができるように複数の学系列を作り、生徒のニーズに対応。
2004年 情報処理科から情報創造科へ改編、IT時代の生徒の幅広いニーズに対応
2005年 新キャンパス・礼拝堂(チャペル)落成
2006年 新制服を導入
2008年 創立100周年記念式典挙行
2009年 調理科を「食物調理科」へ改編。
2016年 新体育館落成