ホーム > キャンパス生活 > 部活動

キャンパス生活

バスケットボール部 女子

地区総体2日目結果

2018年5月14日 [カテゴリ:バスケットボール部 女子

5月13日(日)に行なわれた村山地区高校総体2日目の結果をお知らせします。

〇準決勝

本校  70 - 69  東海大山形

出だし相手の勢いに飲まれ、主導権を握られたまま前半を15点ビハインドで折り返す。後半に入って相手のシュートが落ち始め、徐々にペースを戻すものの、こちらもシュートが決まらず14点差を追って最終第4ピリオドへ。ここで3年生のキャプテンと1年生選手がインサイドのプレイやドライブで得点を量産、このピリオド、チームの得点22点のうち21点を二人で取り、一気に逆転。このまま逃げ切れるかと思われたが、相手の三年生ガードが意地の3Pを決め、63-63の同点。本校のラストオフェンスも得点には至らず、試合は延長戦へ。延長でも一進一退の攻防が続き、残り19秒、ファウルで得たフリースローを1本決め、70-69。相手のオフェンスがターンオーバーとなり、そのままボールをキープし勝利!今年度勝てていなかった相手に雪辱を果たす嬉しい結果となった。ディフェンスでのヘルプやリバウンド争いなど、数字としてはっきり表れない部分での3年生の頑張りがこの勝利を生んだと言える試合であった。

 

〇決勝

本校 69 - 59 上山明新館

準決勝の疲労の影響から足が重く、序盤は思うようにシュートが決まらない。それでもディフェンスやリバウンドを頑張り、相手に大きく流れを渡さない。後半に入ると3年生シューターの3Pが高確率で決まり、一気に試合の主導権を握る。その後もインサイドで着実に加点し、リードを保ったまま10点差で勝利!県高校総体での地区シードをしっかりと獲得し、大会を終えることが出来た。

 

結果:第3位

 

二日間、保護者の皆さまをはじめ、多くの方々が応援に駆けつけてくださり、熱い声援を送っていただきました。本当に感謝しております。ありがとうございました。

3週間後には県高校総体があります。3年生の集大成の大会であり、チームの目標が達成できるように、またチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

今後とも山形学院高校女子バスケットボール部を宜しくお願い致します。