教育方針・教育目標

教育目標

本校は創立以来115年の伝統を継承し、福音主義キリスト教の信仰に基づいた教育を基に「信仰・希望・愛」を校訓として掲げ、隣人を思いやる心を持つ人間、平和を希求する人間、社会に貢献できる人間を育てることを使命とする。

 

教育方針

  1. 生徒の学力向上を目指し、一人ひとりの能力を十分発揮できるよう努める。
  2. 基本的生活習慣をしっかりと身につけ、あいさつを大切にし、社会のルールを尊守できる生徒の育成に努める。
  3. 生徒の進路希望を把握し、きめ細やかな指導のもと進学・就職いずれにおいても進路が実現できるよう努める。
  4. 生徒の課外活動への参加を促し、心身の育成を図る。

 

教育実践課題

生徒とともに生き、学び、成長する
~生徒一人ひとりを大切に~

  1. 日々研修・研鑽に努め、指導力を高める。
  2. 礼拝を大切にし、日々の生き方の指針とする。
  3. 生徒一人ひとりをよく理解し、退学者がでないよう努める。
  4. 学習環境づくりや校内外の美化に努める。
  5. 「到達度学習」を推進し、学習の基礎・基本の定着を図り、生徒自らが学ぶ喜び・分かる喜び・できる喜びを実感することを目指す。
  6. 「月目標」を通し、学習・進路の目標を確立させ、その実現に努める。
  7. 共通理解のもと、基本的な生活規律がしっかり身につくよう指導に当たる。
  8. 充実した高校生活となるよう、委員会活動・部活動・ボランティア活動等へ積極的に参加することを促す。
  9. 「保護者懇談会」や「学校行事」等を通して、保護者との連携を図る。

めざす「生徒像」

  1. あいさつがしっかりできる生徒
  2. 感謝と思いやりの心を持って生活できる生徒
  3. 正しい判断力を持って、自主的に行動できる生徒
  4. 進路実現を目指し、意欲的に取り組むことができる生徒

 

学校づくりビジョン(2020年度~)

学び、深め、気づき、「夢」を「目標」にできる学校

教職員ビジョン=高志・研学・協働の組織体

  • 「山形学院の教育」のために、高い志を共有する
  • 教育力アップのために、自己の学びを追求する
  • 生徒の成長のために、共に補い協力して働く

教職員共通課題

生徒一人ひとりの学力・個性・目標にあった細やかな指導を進める

  1. 主体性を引き出す授業
  2. 多様性に沿った指導
  3. 進路実現への支援

具体的取り組み

社会の一員であると自覚させ、グローカルな人材育成を目指す

  • あいさつ・服装指導の徹底を図る
  • 探究活動に取り組み、学ぶ力を育てる
  • キャリア教育を充実させ、進路ビジョンを明確にさせる